交通事故は危険

交通事故とは、物損事故と対人事故の総称です。
車両と車両、もしくは車両と歩行者が衝突する事故や、ガードレールや標識にぶつかる事故、高速道路での事故など、様々なケースが想定されます。

日本においては、戦後の高度経済成長期に「交通戦争」という言葉が流行し、事故の発生件数の減少や重大事故の防止が重要視されています。
車両の性能向上や、交通マナーの徹底、思いやりのある運転など、様々な取り組みが行われています。

交通事故の予防は、常日頃の安全確認です。
自転車と自動車の事故は、ほんの少しの不注意で起こります。
特に自動車が左折や右折をしている場合、自転車は交通信号のみならず、自動車の位置に気を配る必要があります。
自動車がスピードを出していた場合は、急ブレーキが必要でしょう。
もちろん、自動車としても、左右の安全確認は必須です。

その他に、道幅の広い道路で走行する自転車が、自動車の開いたドアと衝突する事例や、車道の右側を走行した事による、自転車同士の衝突、歩道を走行中、歩行者と衝突するケースもあります。
事故はいついかなる時も発生しますので、注意が必要です。

交通事故は歩行者、自転車、バイク、そして自動車の順に責任を問われます。
目撃者の証言や、事故直前の状況など、複数の要素を元に責任範囲が決まりますが、安心はできません。
交通量の多い道路ではスピードに注意し、安全運転を心がけ、歩行者や自転車に対する思いやりの心を持ちましょう。


[Recommend Site]
交通事故の被害に遭ってしまった方が弁護士に無料で相談出来るサイトです → 交通事故被害 相談